アイスハーブティーの入れ方

アイスハーブティー アイスハーブティーを飲もう

暑い日や朝の目覚め、お風呂上がりなど、すっきりとしたい時に、アイスハーブティーがオススメです。
キンキンに冷えたハーブティーは、乾いた喉を潤し、

体も心も満たしてくれます。
あなたもアイスハーブティーを始めてみませんか?

 

アイスハーブティーの作り方には、ホットから作る方法と、

水で作る方法の2通りがあります。その方法をご紹介します。

 


ホットを抽出して氷で冷やす方法

ホットハーブティー

熱湯を注いでハーブティーを作り、氷で冷やす方法です。 ハーブティーの有効成分をより出したい方にはオススメの飲み方です。

用意するもの・材料

  • ・ティーポット
    ※通常のハーブティーを入れる時のものでOKです
  • ・リーフ
  • ・お湯
  • ・氷

作り方

 

アイスハーブティー

1.ティーポットにリーフを入れる

ホットで飲むよりもやや多め(2倍量ほど)のリーフをティーポットに入れます。

 

2.熱湯をティーポットに注ぐ

熱湯をティーポットに入れて蓋をし、5分ほど蒸らしましょう。

 

3.氷の入ったグラスにハーブティーを注ぐ

氷に入れたグラスに注いだらアイスハーブティーが出来上がります。
ハーブの有効成分を抽出したい場合は、こちらの方法がオススメです。


水出しアイスハーブティー

水出しでアイスハーブティーイラスト

フィルター付きボトルを使い、リーフと水を入れ、時間をおいて抽出する方法です。

 

ハーブの渋みが出にくいため、まろやかな飲み心地を 楽しみたい方にオススメです。


詳しくはこちら