ハーブティーに関するよくあるご質問

herb tea Q&A

デザインウィズティーサロンやハーブティーに
関して、よくいただくご質問をまとめました。
わからないことがありましたら、ぜひ一度
ご覧ください。
また、随時追加更新していきます。
無料相談も受付中です。

Q1.Design with Tea Salonのハーブに関するご質問

Q2.ハーブの飲み方や保存などに関するご質問

Q3.症状などからハーブをお探しの方からのご質問

Q4.その他のご質問

Design with Tea Salonのハーブに関するご質問

Q1取り扱うハーブティーの中に、カフェインが含まれているものはありますか?

A

当社で扱うマテ茶(マテブラックマテグリーン)には少量のカフェインが含まれております。

それ以外のハーブティーは全てノンカフェインですので、安心してお召し上がりいただけます。

また、当店では扱っていないですが、「ガラナ」というハーブはカフェインが含まれているようです。

Q2無農薬ですか?

A

弊社で取り扱うハーブは、世界各地のハーブの適作地より、

食品としての輸入が認められた安全な原料のみを取り扱っております。

また、残留農薬はありませんが、完全無農薬ではありません。

味わい、香りなど良質なハーブを管理し、 厳重な工程で包装しておりますので、ご安心ください。

Q3紅茶が好きなのですが、紅茶風味のハーブティーはありますか?

A

オススメはママのおなかで赤ちゃんすくすくブレンドです。

アップルティーのような味わいと香りに、ほんのり甜茶の甘みが効いて

飲みやすいブレンドハーブティーです。

マタニティーのタイトルになっていますが、一般の方にも好評価を頂いております。

2.ハーブの飲み方や保存などに関するご質問

Q1ハーブティーの保存方法は?

A

密封されていうる状態なら直接日光があたらない場所で保管してください。

開封後はできる限り密封可能な容器に入れて、湿度の少ない冷暗所で保存するのが理想です。

高温多湿の状態ではハーブの風味が損なわれます。

また、開封後は風味が徐々に落ちるので、できる限り早めに飲みきってしまうことをお勧めします。

Q2ハーブティーを入れる茶器は専用のものが必要?

A

ご自宅にある緑茶用の急須でも問題ありません。

茶器自体よりも使用するハーブの分量やお湯の量の方が大切です。

美味しいハーブティーの入れ方は当サイト「ハーブティーの上手な入れ方」もご参照ください。
ただ、ハーブティーの色などをより楽しんでもらうために、

当店ではガラス製のポットや茶器などをお勧めしております。

茶器につきましては「ハーブティー用茶器」のページをご覧くださいませ。

Q3ハーブティーは緑茶のように同じ茶葉で2回以上淹れても大丈夫?

A

ご自宅にある緑茶用の急須でも問題ありません。

茶器自体よりも使用するハーブの分量やお湯の量の方が大切です。

ハーブは一度お湯を入れてしまうと成分の大部分がお湯に溶けだしてしまいます。

そのため、2回以上抽出しても風味が格段に落ちてしまいます。
多めのハーブを入れて2回ハーブティーを出すよりは

適量のハーブを使って1回分を抽出していただくことをおすすめします。

Q4ハーブティーは作り置きをしても大丈夫?

A

はい。多めに作っておき、小分けに飲むことも可能です。

水筒などに入れて飲まれる方もいます。
ただし、時間が経過し過ぎると変色をしたり、

味や香りが落ちてしまうこともあります。

目安というものはありませんが、4〜5時間くらいで飲みきってしまうことをお勧めしております。

Q5お砂糖は入れても大丈夫ですか?

A

砂糖を入れること自体は問題ありませんが、

当店では、甘みを出すためには「ハチミツ」をお勧めしております。

また、当店では甘みのあるハーブである「ステビア」をブレンドしたハーブもご用意しております。

こういったハーブは甘みはあるものの、カロリーはほぼゼロという天然甘味料となっております。

甘いハーブティーがお好みの方はこうしたハーブティーもご利用ください。

Q6ハーブティーを飲むタイミングというものはありますか?

A

ハーブティーは1日どのタイミングでもお楽しみいただけます。

ハーブの香りを楽しめるリラックスタイムをお楽しみください。

今日はゆっくり安らぎブレンド」「穏やかな眠りのブレンド」のように就寝前に飲むことをお勧めしているハーブもありますが、昼間に飲んでいただいてもかまいません。

目安としては1日3杯程度をお楽しみいただくと、

よりハーブの機能性を実感いただけるかと思います。

Q7複数のハーブティーを同時、短時間に沢山飲んでも大丈夫ですか?

A

ハーブティーは複数を飲んでいただいても問題はありません。

当店のブレンドハーブに飲み合わせが悪いというものはありませんので、

特に気にされる必要はないかと思います。

ただし、お薬を服用されている場合はご注意ください。

薬の作用が弱まったり、逆に増幅してしまうようなものもあります。

商品ページ上でも代表的なものについては注意書きをしておりますが、

医師や薬剤師にご相談くださいませ。

Q8薬を服用していますが、ハーブティーを飲んでも大丈夫ですか?

A

ハーブには薬の効能に作用するものもありますので、医師や薬剤師とご相談の上、

ハーブティーをご利用になってください。

3.症状などからハーブをお探しの方からのご質問

Q1妊娠していますが、ハーブティーを飲んでも大丈夫ですか?

A

ハーブの中には子宮の収縮を促進するなどの働きがあるものもあり、

妊娠中は禁忌とされるハーブも多数あります。

妊娠中のノンカフェイン飲料としてハーブティーを考える方も多いかと思いますが、

「レモングラス」のように代表的なハーブも妊娠中は禁忌とされています。
当店では、妊活中、妊娠中、授乳中のママのためにブレンドしたマタニティハーブティーをご用意しておりますので、そういったハーブティーをご利用になることをお勧めします。

Q2生理前のイライラで悩んでいます。PMSに効くハーブはありますか?

A

PMSに良いといわれるハーブには、
カモミール、チェストツリー、セントジョーンズワート、サフラワー、ジャスミン、ラズベリーリーフなどがあります。

当店のオリジナルブレンドですと 「イケテル女性のハーブティー」がオススメです。

婦人科系のトラブルにおすすめのブレンドで、

女性の生理や生殖機能に有効なサフラワーをブレンド。

ハイビスカス、ローズヒップが疲れた体を癒してくれて

パッションフルーツのフルーティーな香りが広がりとても人気のブレンドです。

Q3胃腸が弱く、血の巡りが悪いです。どんなハーブが良いですか?

A

胃腸の不調にはジンジャー、ミント、レモングラス、レモンバームがオススメです。
ジンジャー、レモンバームには身体を温める作用もございます。
当店のオリジナルブレンドの中では、ポカポカホットなハーブティーがおすすめです。
血流を刺激して血行を促すネトルとジンジャー、胃腸の調子を整えてくれるレモングラスもブレンドしております。
またマリーゴールドが胃の粘膜を保護してくれます。
アプリコットの甘い香りが飲みやすい人気のハーブティーです。

ただ、健康状態が気になる場合、不調が続く場合は必ず事前に医師にご相談下さい。

Q4血糖値が高い方にオススメのハーブはありますか?

A

ネトル(緑茶のような味わいのハーブ)がオススメです。

ネトルは、鉄分、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれているハーブです。

作用としては、利尿作用、血液浄化、血糖値を下げる、更に、胃、肝臓、胆のう、貧血に有効です。

特に、中年からの鉄分不足から起こる、慢性的な疲労にも有効なハーブです。

Q5むくみと便秘に悩んでいます。オススメのハーブはありますか?

A

当店のヒキシメリセットブレンドがオススメです。

体内に溜まった老廃物を体の外へ排出し、

むくみを緩和するジュニパーベリーと血行促進・代謝が高まるジンジャーをブレンドしています。

ビタミンCたっぷりのローズヒップもブレンドしてあるのでストレスやお通じにもよいです。

またグレープフルーツのフレーバーが食欲を抑えてくれると言われております。

食べ過ぎたときや油っこいお食事のときにもおすすめのブレンドです。

ただ、ジュニパーベリーは腎臓の悪い方にはおすすめ出来ないハーブとなっております。

問題が無ければ、ヒキシメリセットブレンド一度お試しください。

Q6お腹を良く壊すのですが、オススメのハーブはありますか?

A

からだめぐるにブレンドされているフェンネルが、

下痢を緩和してくれる効果があります。

また、腸内に溜まったガスも取り除く働きや、利尿作用もあります。

Q7糖分の取り過ぎが気になっていますが、ハーブティーで改善できますか?

A

和ハーブの「桑の葉」は糖分の吸収を抑えて、

食後血糖値の上昇を抑制してくれるとされています。

お肌にもよく酸化を防ぐと言われております。
当店の「生姜&ゴボウブレンド」には桑の葉をブレンドしておりますので、

食事前や食事中に飲んでいただくと良いかと思います。

Q8生理痛がひどいのですが、痛みを和らげてくれるハーブはありますか?

A

生理痛を和らげるハーブとして代表的なものに カモミールジャーマンローズヒップラズベリーリーフがあります。

いずれもお薬ではないので、即効性があるわけではありません。

体質改善と考えて長く続けていただくことをお勧めしております。

Q9うつや気分の落ち込みにおすすめのハーブティーはありますか?

A

落ち込んでいる方へのおすすめのハーブをご紹介します。

  • パッションフラワー:古くから、天然の精神安定剤として用いられてきたハーブで、ココロやカラダの緊張・落ち込みを解消するハーブとして知られています。
  • カモミールジャーマン:リラックス効果の高いハーブで、甘いリンゴのような味と香りが特徴のハーブです。 ミルクとの相性もよく、お休みの前におすすめです。
  • ラベンダー:精神的なストレスを和らげ、心地よい眠りへと導いてくれるハーブとして有名です。

Q10ローズヒップが苦手なのですが、妊娠中でもリラックスして元気が出るハーブティーはありますか?

A

妊娠中・授乳期間中でも美味しく飲んで頂けるハーブティーとしまして、

ママのお腹で赤ちゃんニッコリブレンド」がございます。

アップルやルイボス、精神的なイライラ、緊張、不安を解きほぐしてくれるリンデンなどを

ブレンドした、アップルティーのような優しい甘さのブレンドです。

とても香りが良く、店舗では妊娠されていない方もリラックスや美肌を目的に購入される、

一番人気の商品です。 ローズヒップやハイビスカスなどもブレンドされていますが、

酸味はほとんど感じられません。

 

Q11飲みやすく、美肌にいいハーブティーを教えてください。

A

しっとり透き通るハーブティー
天然のアルブチン成分豊富なヒースというハーブがブレンドされた、美白効果が期待できるブレンド。 また、肌の炎症を抑えるマリーゴールドやビタミンやミネラルが豊富なローズヒップ・ハイビスカスもブレンドしております。 パイナップルが香る、優しい甘さとほんのり酸味のある味わいです。

イケテル女性のハーブティー
女性バランスの乱れから生じる肌トラブルを改善してくれるブレンドです。 PMSや生理痛、更年期障害など、女性ならではのお悩みをサポートします。 パッションフルーツのトロピカルな香りと酸味のある味わいとなっております。

Q12肌の乾燥を抑えるハーブティーはありますか?

A

肌の乾燥には、保湿効果のあるカモミールジャーマンや、

ビタミンを豊富に含むローズヒップがおすすめです。

また女性バランスを整えるローズレッドやローズピンクもおすすめとなっております。

また、ハーブティーとして飲んでいただくのはもちろん、

フェイシャルスチームなどで直接的にお肌のケアをしていただいても良いかと思われます。

4.その他のご質問

Q1シングルハーブだけでなく、ブレンドティーもチンキ剤にしていいですか?

A

問題ありません。

チンキは最高でも6種〜7種ほどブレンドして良いとされています。

目的ごとにブレンドしたものを利用されると良いかと思われます。

Q2ラベンダーやマローブルーは、入れた後しばらくすると緑色になってしまいます。どうしてでしょうか。

A

色が変化してしまうのは、時間と共に酸素と反応してしまうからだと考えられます。

色が変化しやすいハーブは、熱湯で入れる場合は蒸らし時間を短くされるか、

または水出しされると、色が綺麗に出るかと思います。