ハーブティーの美味しい入れ方

ハーブティーの上手な入れ方について詳しくご紹介しています。
お気に入りのティーポット、ティーカップで楽しいハーブティータイムを楽しんでください。 ハーブティーというと、構えてしまう方も多いかもしれませんが、基本を押さえておけば誰でも美味しいハーブティーを入れることができます。
最近では、お手軽な「ティーバッグタイプ」もありますので、ハーブティー初心者の方はそちらから利用してみるのも良いかもしれませんね。

また、ハーブティーは自分で複数のハーブをブレンドすることでも様々な味や香りを楽しむことができます。慣れてきたら色々とハーブを活用して楽しんで下さい。 このページではリーフ(茶葉)とティーバッグを使ったハーブティーの美味しい入れ方の基本を紹介していきます。

美味しいハーブティーの入れ方

 

  • リーフで入れる場合
  • ティーバッグで入れる場合

 

 

 

リーフで入れる場合

リーフは、お好みの量で入れることができ、ハーブティーの濃さも調節が簡単です。
リーフを使って、量を多めでリーズナブルに入れたい方にもオススメです。そんなリーフでの入れ方をご紹介します。

用意するもの

  • ・ドライハーブ
  • ・蓋がついているティーポット、急須など
  • ・茶漉し(ティーポットに付属している場合は不要。できるだけ目が細かいものが好ましい)
  • ・お湯

 

使用するポットはなんでもOKです。緑茶などを入れる急須でも十分に美味しいハーブティーを入れることができます。

ただ、ハーブティーは色(見た目)を楽しむというのも、その楽しみ方の一つです。ハーブにお湯を注ぐと花が開くといった動きも楽しむのも一つです。そのためにはガラス製のポットで入れるというのがお勧めではあります。ハーブティー専門店Design with Tea Salonでは、ハーブティータイムを楽しめる専用茶器も多数ご用意しております。
気になる方は「ハーブティー専用茶器」のページもぜひご覧くださいませ。

 

STEP1 ポットをお湯で温める

まずはポットをお湯で温めておきましょう。
沸騰したお湯をポットに注いでしばらく放置し、室温程度にまで冷めたらポットの中のお湯を捨てます。

 

STEP2 ドライハーブを入れる

ブレンドハーブをより美味しくいただくためには

軽いハーブは上に、重いハーブは下に集まりやすくなりますので、
袋を上下にシェイクしてハーブが均一になるよう混ぜるのがおすすめです。

ティーカップ(約120ml程度)1杯に対してティースプーン1杯〜1.5杯を目安、マグカップ(約250ml)なら山盛り2杯程度を目安
ドライハーブをポットに入れます。ハーブの分量は上記を目安にお湯の量で微調整してください。また、味の好みで入れる量を増やしたり減らしたりしても大丈夫です。

 

STEP3 お湯を注ぎ蒸らす

その後、沸騰したお湯をティーポットに注ぎます。できるだけお湯の温度は高め(95度くらい)がハーブの成分をたくさん抽出できます。
ただし、煮立たせるのはNGです。香り成分が飛んでいってしまいます。ヤカンやケトルなどで沸騰させたお湯を使うとよいでしょう。

ハーブティーのおいしい入れ方 お湯を注いだ後はハーブの香りを逃さないよう 素早く蓋をして3分〜4分蒸らします。この蒸らしによってハーブに含まれている香りや味、有効成分などが抽出されます。
堅い部分が多いハーブが多い場合は5分くらいに蒸らし時間を延ばしてもいいです。
ただ、10分とか長時間蒸らしてしまうとえぐみや苦みなどが出過ぎる場合があります。



STEP4 ハーブティーを注ぐ

ティーポットのお湯を軽く揺らしてお茶の濃度を均一にしたら、茶漉しを使ってティーカップにハーブティーを注ぎます。ハーブは小さい茶葉も含まれますので目の細かい茶漉しを使うのがお勧めです。
ハーブに含まれる揮発性成分(アロマ)が鼻から脳へと香りを届けてくれるので、体の内側からもリラックスすることができます。
まずは、その香りを楽しんでください。

 

 

ハイビスカスローズヒップがブレンドされたハーブティーなどは酸味がきつく感じられることもあります。当店のブレンドハーブティーはこれらがブレンドされているものも美味しく飲めるように天然甘味料である甘みのあるステビアや果実などをブレンドしておりますが、甘いハーブティーがお好みの方はハチミツや砂糖などでハーブティーに甘みを加えることでもより美味しくいただけます。

 

リーフでハーブティーを入れる時、茶葉を取り除いたりするのが面倒!という方も多いかもしれません。特に、一人分を入れたいという場合には面倒と思われる方が多いようです。
一人用のハーブティー茶器として当店で人気No1の茶器は「ティーメイト」です。
1杯だての茶漉し付きのガラス製カップでハーブティーを抽出したあとは茶葉をとりだすのも簡単です。Sサイズ、Mサイズ、Lサイズの3タイプがあります。

 

ティーメイトSサイズ
ティーメイトMサイズ
ティーメイトLサイズ

※写真はティーメイトSサイズ

 

 

 

また、「ハーブティーの楽しみ方」でも紹介していますが、ハーブティーはそれ自身を楽しむこともできますが、紅茶とブレンドしたり、ジュースなどで割って飲んでも美味しくいただくことができます。


 

 

 

ティーバッグ

ティーバッグはティーポット不要で、ティーカップがあればに簡単に入れられるから、
外出先に持っていって飲めて、後片付けも簡単!
ハーブティー初心者にもお勧めです。そんなティーバッグでの飲み方をご紹介します。

Design with Tea Salonの、「オリジナルブレンドハーブティー」は手軽に飲んでいただくために全商品ティーバッグをご用意しております。ハーブティー初心者の方はこのティーバッグタイプから初めてみるというのもおすすめです。

 

用意するもの

  • ・ティーバッグ
  • ・ソーサー付きのティーカップなどお好みの茶器
  • ・お湯150cc程度

 

STEP1 ティーカップを温める

ケトルやヤカンでお湯を湧かし、ティーカップを温めておきましょう。

 

STEP2 お湯を注いで蒸らす

温めたティーカップにティーバッグを入れ、お湯150ccを注ぎ、ソーサーなどでフタをして3分ほど蒸らしましょう。 ここでも蒸らすのがポイントです。蒸らすことでハーブの味や香り、成分を上手に引き出すことができます。蒸らせるような蓋が無い場合は台所用のラップなどでも代用できます。
また、蒸らし中はティーバッグをゆらゆら動かしたりしてはいけません。

 

STEP3 ティーバッグを除き、いただく

ティーバッグをカップから取り除き、 お召し上がりください。ティーバッグを入れたままにするとえぐみなどが出ることがありますので、ティーバッグは取り出しましょう。